▼ ショップカード推奨設定
1.追加特典の設定例
ショップカード推奨設定_1
■設定ポイントと特典内容
※レジャー施設(スーパー銭湯)の事例
ゴールポイントを15ポイントに設定
・設定ポイント:3P
 特典:テイクアウトジェラート、ソフトクリーム100円割引券
・設定ポイント:5P
 特典:入浴料金150円割引券
・設定ポイント:8P
 特典:岩盤浴大人(500円)無料券
・設定ポイント:10P
 特典:オプションメニュー半額(3,220円→1,610円)クーポン
・設定ポイント:15P
 ゴール特典:入浴料金大人(650円)無料券
■設定のコツ
・中間特典をこまめに設定して再来店を促進
・特典内容は施設割引券や施設内で使える飲食割引券などで設定
・不正利用防止設定で1日1回以上ポイント付与できないよう設定
・位置情報OFFのQRコードをフロントに用意し読み取れない場合に対応

※特典チケットの作成方法について詳しくはこちら


2.カード取得ボーナス設定例
ショップカード推奨設定_2
■設定のコツ
・ショップカードを作成するだけで2ポイント貯まるよう「カード取得ボーナス」を設定、ハードルを下げ利用意欲を高める

エンダウド・プログレス効果
ゴールに向かって若干の前進を感じたときに、人はよりゴールに向かうモチベーションを上げようと努力する効果のこと。ゴールに近づくほど人はモチベーションを上げる習性を利用している。
例: a. 8ポイント貯めれば洗車無料のポイントカード
   b. 10ポイント貯めれば洗車無料になるが既に2ポイント貯まっているポイントカード
→ b. のポイントカードを渡されたグループのほうが、ポイントを貯める行動の完成度がa.に比べ82%高い結果を出している
出典) Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール/翔泳社


3.ランクアップカードの設定例
ショップカード推奨設定_3
■設定のコツ
・最大ポイント数を少なく設定し再来店を促進
・ポイントが貯まったお客さまに対してランクアップカードを発行
 1枚目のカード(=新規のお客さま)
  → ゴールポイントを近くに設定
 2枚目以降のカード
  → 徐々にゴールポイントを遠くに設定し豪華な特典や隠しメニューをご提供
  =顧客ロイヤリティの向上

※ランクアップカードの作成方法について詳しくはこちら


ショップカード掲示例
1.レジャー施設(スーパー銭湯)の掲示例
エレベーター脇にポスターを掲示
LINE ショップカード読み取り用のポスターをお客さまが必ず通る目立つ場所に掲示したことで、若年層以外の幅広い顧客層にもアカウントの存在をアピールでき、新規友だちを獲得。掲示するだけなのでスタッフのオペレーションコストもかかりません。
ショップカード推奨設定_4

2.美容・サロンの掲示例
レジに印刷したQRコードを掲示
LINE ショップカード読み取り用のQRコードをレジに掲示。新しくアプリをダウンロードしたり会員登録をしたりする必要なく、QRコードを読み取るだけですぐに利用できます。お客さまに手間をかけさせず、スタッフのオペレーションもスムーズです。
ショップカード推奨設定_5



<関連記事>
・【PC】ショップカード作成方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1042045062.html
・【PC】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1064671832.html
・【アプリ】ショップカード作成方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1042045062.html
・【アプリ】カード公開後の編集・統計管理・公開停止
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1064671844.html
・ポイント付与・特典付与方法
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1064671734.html
・ショップカードQ&A
https://help2.line.me/line_at_application/web/categoryId/10002760
・店舗用簡易マニュアル(PDF)
http://lineat-webcollege.blog.jp/shopcard_manual.pdf